ジェネリック医薬品とは?

お薬代が高い事は、貧困層にとってはかなり大きな問題です。国によっては薬代がない為に、何人もの人が治療できずになくなっている事実を知っていますか?例えば、そういった人たちを救おうと立ち上がった、国境なき医師団という非営利のボランティア団体があります。聞き覚えの有る方も大勢いらっしゃると思いますが、このボランティア団体の使用しているお薬の殆どが、ジェネリック医薬品を使用しています。その訳は、安全性の高いお薬を安く購入する事ができるからです。

そこで皆さんはジェネリック医薬品という言葉を聞いた事はありませんでしょうか。日本でもジェネリック医薬品の普及率を上げる為大勢の方に知ってもらおうと活動しています。
まずは、お薬の種類を説明させて頂きます。大きく別けて「新薬(先発医薬品)」と「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」という2種類のお薬に別けられます。

新薬(先発医薬品)

新薬はその名の通り、最初に製造販売されるお薬の事を言います。お薬は体に関わる事ですから、その新薬が開発されるまでには長い研究期間と膨大な費用がかかり、私達の手に届くまでには色々な試験を乗り越えてその安全性や効果が認められたお薬だけが、厚生労働省から認可を受けて製造・販売出来るようになります。
開発した製薬会社はボランティアではありませんので、かかった費用の回収と利益を計算してお薬の値段を決定します。また、同時に特許を取るので、特許が切れるまでの間は、独占的に製造販売する事で利益を得ます。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)

ジェネリックとは、「一般的な・ブランドにとらわれない」といった意味があります。 後発医薬品と言われるように、新薬の特許が切れると需要のあるお薬は、別の製薬会社は同じ有効成分で製造販売が出来るように、厚生労働省へ認可を受けます。開発の期間は、既に有るお薬と同じ成分で作るので、新薬を作る時と同じように膨大な時間は必要ありません。開発は主に改良点を見つける事でしょうか。新薬に比べると、開発費と開発期間を大幅に削ることが可能な為、安い値段設定をする事が可能となるわけです。その安全性も、特許が切れるまでの10年前後といった長い期間、新薬が売られているので安全性の高いお薬という事が実証されています。
ブランドにとらわれず、同じ効果が見込めるお薬を安い値段で購入する事が可能となるわけです。

特にインドでは特許の仕組みが他の国と違いが有るので、世界でもインドのジェネリック医薬品が多く輸入され使用しています。