抗生物質とは?アンピシリンってどんな薬なの?

アンピシリン(Ampicillin)とは、ペニシリン(Penicillin)系の抗生物質です。
そもそも皆さんは、抗生物質ってどんなお薬かご存知でしょうか。
風邪を引いて病院に行った時に、お医者さんから抗生物質を処方しますね。なんて言われた事はありませんか?
抗生物質とは、微生物が生み出した他の微生物や細胞の増殖を止めたり機能を停止させるお薬で、抗菌薬や抗ウイルス剤とも同じ意味で、広く言うと抗癌剤も含まれます。
例えば、風邪で喉が炎症を起こして腫れ上がり、その原因が菌だった場合、原因である病原菌を殺菌して駆除する事が最短の治療です。その菌の活動を止めたり増殖を防ぐ事が出来る、抗生物質を体に投与する事で、喉の病原菌の活動が抑えられ少なくなり、病原菌がいなくなる事で喉の腫れや炎症が元に戻って治るといった仕組みです。

世界で初めて生まれた抗生物質は「ペニシリン」です。ペニシリンは元々は、アオカビから生み出されたものです。
ブドウ球菌の培養実験をしていると、その中に発生したアオカビが集まっている周辺に円を描いてブドウ球菌が育たない領域がある事が発見されました。それから研究が重ねられ、アオカビが生み出す物質は、ブドウ球菌が育つのを阻止している事が判明したのです。 ちなみに、ペニシリンという名前は、アオカビの学名からつけられた名前です。

現在では、抗生物質の中にも様々な種類があり、その中でもペニシリンはβ-ラクタム系抗生物質と呼ばれています。
細菌の細胞壁の主成分は「ペプチドグリカン」ですが、そのペプチドグリカンを合成する酵素とペニシリンが結びつく事によって、ペプチドグリカンが作られないようになります。そうなると、ペニシリンと結びついた細菌は活動自体が鈍くなり細胞壁が作れなくなってしまいます。細菌が細胞分裂すると、細胞壁がどんどん薄くなり、通常であれば細胞壁が細菌自体を守っているのですが、細胞壁が薄くなった事で、細胞壁がやぶれ細菌内部に外液が入り込み、結果として溶菌されて細菌自体が死滅してしまいます。この、「菌の活動を抑える」「菌を死滅させる」といった2段攻撃で細菌をやっつけるのです。
特に、第2次世界大戦の時に物凄く活躍したお薬です。不衛生な状態で、怪我なども多く傷口などから様々な細菌に感染する事も多くありました。体内に菌が入り、自然治癒力では駆除することが出来なかった細菌等も、ペニシリンの活躍によって様々な細菌から守る事が出来たのです。